一心三観


この図は、天台宗の宗紋です
三諦星(さんたいせい)と言います

宗紋は、家紋と同じく、戦国時代にはきっちりと成立したもので、敵味方の識別マークですね
間違えたら、えらいことになるので、厳格に決められています

背景になっているのは、十六菊紋です
御承知のとおり、十六菊は皇室の紋章です
天台宗は、そもそもは京都の皇室を守るための宗教として始まったからです
京都御所の東北の鬼門の比叡山で、勅許をいただいてお寺(延暦寺)を建立して本山としています
ですから、僕は、毎日、玉体安穏を祈っています
なにがあっても、最後まで、天台宗は皇室の味方です
別に僕は右翼じゃありません
右左などという言葉ができる前から、天台宗は皇室を守護しています

でもって、恐れ多くも、その上に、ちゃっかりと、三つの星が乗っています
これを、三諦星(さんたいせい)と言います


三諦は天台学の専門用語で、これこそが天台宗の中心教義です
それを図案化したのが三諦星です 


もうしわけないですが、ここから、また、かなり、わかりにくいです

天台宗による公式な三諦の説明です

諦とは苦集滅道の四諦や真俗二諦の諦と同義で真理を意味し
常識的に真実とされるものは実態のない空諦
実態はないが縁起によって存在する面を仮諦
両者を超えた真理を中諦と称し
相互に具し合うのが円融三諦という
これを観法によって体得するのを空仮中三観とし
漸次に観するのが次第三観
三観各々に他の二観を含め、三にして一、一にして三とするのが一心三観である

天台宗布教手帳


わかります?
坊さんは、こんなことを書いた手帳を本山からもらって、法話をするのよ

はぁー、かんべんして欲しい


例によって図示すると、こんな具合になります



般若心経などで言う、空と色の関係と原則一緒です
まあ、あたりまえです、仏教ですから



ただ、大事なのは、空と仮を一緒にして、それを中として、その空仮中を一心としてまとめたことです

これは、比叡山の最澄の功績です
というか、日本仏教の、インド中国に無い、独創です


インドのお釈迦様の時代の仏教は、出家主義で、仏教の修行をするには、肉食妻帯せず、寺院で生活しなければなりませんでした
これは、日本以外の国では今でも同じです
日本の坊さんは肉食妻帯してますから、タイやミャンマーでは、在家の席にしか座らせてもらえません
まあ、馬鹿にされています
で、日本の肉食妻帯してる坊さんは堕落しているのではなくて、実はこの一心で、形に捉われることなく信仰をしているのです


ここで終わったら、何が言いたいかさっぱりわからないと思います


もともとは、仏教哲学には空観と唯識観という二大潮流があって、空観はナーガルジュナの大智度論、唯識観はバスバンドゥの成唯識論に代表される、膨大な論書が作成されました
それが、今から約1300年前に密教が集大成される時期に、胎蔵曼荼羅(空観を主題にしている)と金剛界曼荼羅(唯識観を主題にしている)に整理されます
この胎蔵曼荼羅(北インド)と金剛界曼荼羅(南インド)はインドでは全く別の土地で成立して、中国でも別個のものとして礼拝されています
胎蔵曼荼羅はそれだけで世界を全て説明し、金剛界曼荼羅もそれだけで世界を説明し切ってしまいます





それを、金胎不二として、両部曼荼羅としていっしょにしたのが弘法大師です
弘法大師が初めて、統一感のある世界像をつくったのです
ただし、天台で言うところのという概念はないのです
不二(ふに)と言うだけで、どういっしょなのかは提示されません

コインの表と裏と、コイン自体と、まあ、論理的には親切な考え方でしょう
で、天台は空仮中と三諦として、これをまとめて一心としました

だからどうなの、ということですが

出家-->真実の生活(精進料理、妻帯せず)
在家-->仮の生活(肉食妻帯)

とします


出家-->真実の生活-->空
在家-->仮の生活-->仮
形に捉われない生活-->現在の日本仏教-->中

ということになるのです

真言宗では、今でも、出家主義が建前です
それは、空と仮があくまで別個で、人間は空を理想とする存在だと考えるからです
これが、肉食妻帯すれば、堕落です

天台宗は、日本仏教の母山として、念仏、禅、法華といった各宗を生み出しましたが、一心で、形に捉われず、仏教を追及しています
それが、大乗仏教の本質です

日本で、最澄が具現化したのですよ
大乗仏教を
お忘れなく

まあ、たとえば

肉を食べたら、鬼ですか?
結婚したら不浄ですか
人間の価値は、そんなことでは評価できません

宗教の名において、生活の価値に上下を作らない思想が、大乗仏教なのです
崇高に感じられる神という概念や、一見厳格な戒律を、すべてとして位置づけ、同時にどのような形式も否定せず、心というシンプルで、もっとも身近なことにだけに注目するのが仏教です

論理的に言えば、仏教というレッテルもいりません
全く自由です
それでいてという、我執や妄想の全くない純粋な「生の世界」と常に交流し続けます

人間から、妄想と自分勝手を取り除けば、かなりに近くなると思いますよ
それが、仏道ですね


身近な表現で言えば、理想だけ追求してもダメで、現実だけ重視してもダメなんです

理想と現実、両方あるのが人生です



理想でもない、現実でもない、なにが重要なのかというと、慈悲ではないですか

理想だけ求めて他人を非難し、欠点を探しても、なにも解決しません
現実の利害得失だけ求めても、出口のない堂々巡りが続くだけです


一番大事なのは、理屈でも、辻褄合わせでもありません
両方十分理解したうえで、今、人のために出来ることをすることです

理想を語り現実を知り、そして、苦しみを除き喜びを与えるのです


己を忘れて他を利するは慈悲の極みなり



このブログの人気の投稿

お堂の前で拝む時のコツ

多神世界 仏教の世界観